スポンサードリンク

寝汗

寝汗の原因


人は起きている時よりも寝ている間の方が、汗をかきやすい状態なんだそうです。

寝汗をかくことは健康な人には誰にでもあることで、心労や過労によってストレスが溜まったりすることで一時的に大量の寝汗をかくこともありますが、一般的には病気と言えるものではありません。

人の脳内には発汗中枢という部分があり、体温に対して暑いと感じる時には発汗をうながして全身に汗をかかせます。

しかし、人が目覚めている時と寝ている時とでは、この発汗中枢の設定温度が違ってくるのです。

眠りに入ると発汗中枢は体内の設定温度を自動的に下げるため、結構大量の汗をかいてしまうのです。

健康な人ほど眠りは深く、発汗中枢の設定温度の変化によって、かく寝汗が多くなると言われています。

また、なにか興奮するような夢を見て大量の汗をかく場合もあります。

以上のような原因でかく汗は、運動時に流す汗のようなサラサラの健康的な寝汗です。

これは生理現象によるものですので全く問題はないといえます。

寝汗

寝汗の症状


寝汗は誰でもかくものです。

寝汗の量は大人、子供、男性、女性によっても違ってくるようです。

睡眠中、だいたいコップ1杯程度の汗なら問題のない量といえます。

心配なのは、夜中に何度も着替えなければならないほどの場合です。

自立神経系の病気や、ホルモンの疾患など深刻なものが隠れていることがあるので、その場合は医師の診断が必要になります。

心配なときには早めに病院を受診しましょう。

寝汗

寝汗の病気


人が寝汗をかくのは健康な生理現象によるものが多いのですが、なかには病気が原因でかく寝汗もあります。

誰にも経験があると思いますが、風邪を引いた時などは高熱がでて多量の寝汗をかきます。

しかし、風邪などの病気が原因でかく汗は健康な状態に戻そうとする当然の生理現象です。

これと違って結核に感染した場合にも大量に寝汗をかくことがあるようです。

結核が疑われるときには早めの受診をおすすめします。

また、自立神経の失調により大量にひどい寝汗をかくといったことがあるようです。

それまでは気になるほどの寝汗をかかなかった人が急に寝汗をかくようになったり、原因不明の疲労感、頭痛、食欲不振などを伴う場合には自律神経失調症の可能性も出てきます。

これは若い女性に多く見られる症状ですが、首の腫れや体重の減少、動悸などを伴う場合、甲状腺ホルモンの分泌異常によるものもあります。

寝汗

寝汗の対策


異常なまでの寝汗は不快です。

夜中に不快感で目が覚めたり、あせもの原因になったりすると二次疾患にもつながる事になります。

あまりにもひどい場合は寝汗対策を考えましょう。

寝汗の対策グッズも最近ではいろいろ出ています。

通気性や吸水性に富んだパジャマや寝具なども市販されています。

寝汗対策もよいのですが、自分の寝汗の量に異常を感じたらすぐに医師に相談するのが良いでしょう。

寝汗

寝汗と更年期


女性はさまざまな体調の変化によって寝汗をかきます。そのひとつに更年期によるものがあります。

更年期とは、熟年期から老年期に移るなか、老年になる準備としておかれている期間と言えます。

この時期の女性は、ホルモンの分泌量が徐々に減少していきます。

これがどのように起こるかによって、体内のホルモンバランスが次第に崩れていく、というものです。

このため、心身に様々な症状が現れるようになるのが一般に更年期障害といわれる症状です。

この時期の寝汗は更年期のかなり典型的な症状とされています。

血圧が高くなったり、発汗作用そのももの異常が現れるといった二つの理由が考えられるようですが、どちらにしても、睡眠前にはリラックスして、眠りに対してストレスを感じないようにすることが大切です。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。